プチ名刺ロゴチラシデザイン店ロゴ ぷち年賀ロゴ

2018年12月12日

ホームページ制作例-新古美術買取業者-

新古美術買取りの文大(ぶんだい)様のサイトのデザインを作成させていただきました。
こちらも、マテリアル福山様にご依頼いただいた案件です。

品のある高級感が漂うサイトになるよう心がけました。

下記ページのデザインを担当させていただきました。
・TOPページ
・無料出張査定ページ
・宅配買取査定ページ
・買取りの流れページ
・対応エリアページ

●(株)文大様のサイト

文大様

●ホームページ制作料金表



 
posted by イラストレーター&グラフィックデザイナー サトウカズミ at 19:35| Comment(0) | ホームページ制作

2018年12月11日

ホームページ制作例-製菓機械会社-

マテリアル福山様にご依頼いただき、福山製菓機械(株)様のTOPと製品案内のページデザインを担当させていただきました。

ここの機械を使えば、美味しくて美しいお菓子が簡単に出来ますよ〜という点がアピールできるよう心がけました。

●福山製菓機械(株)様のサイト

福山製菓機械様

●ホームページ制作料金表


 
posted by イラストレーター&グラフィックデザイナー サトウカズミ at 17:17| Comment(0) | ホームページ制作

2018年12月08日

ホームページ制作例-学習塾-

学習塾「知Q塾」様のサイトを作成させていただきました。
今回のデザインは、「普通の塾っぽくない面白いサイト」をご希望でしたので、似顔絵イラストや吹き出しを使って、楽しく見ていただけるように作成しました。

知Q塾様ホームページ

トップページでは、千手観音のイラストをスライドで見せたり、入試結果をアニメーションで見せたりしています。

Jimdo(ジンドゥー)というホームページ作成ツールを使っていますので、メールを送るくらいの感覚でホームページが更新できます。

ですので、デザインのみをご依頼いただければ、本格的なオリジナルサイトが完成し、完成後は、ご自身でサイトの更新を行っていただくことも可能です。
(もちろん、更新をご依頼いただくこともできます。)

●ホームページ制作料金表

posted by イラストレーター&グラフィックデザイナー サトウカズミ at 21:05| Comment(0) | ホームページ制作

2018年11月25日

作文が苦手な子供対策

小学校6年間、ずっと文章を書くのが苦手だった息子。
作文や感想文を書くのに、何時間もかかった挙句に泣き出してしまうこともしばしば。
作文の上手い子は、学級通信などに載せられることが多いですが、うちの子は、1年間、全く学級通信に載らず、シュンとしていることもありました。
担任の先生から、学級通信は、1年間でクラスの子全員載せられるようにしていますと聞いたこともあるのですが、その先生の時でさえ、載っていませんでした…。

なのに、中学生になってから、作文で私に泣き言を言うことがなくなって、学級通信にも載っているのを発見。
順番に載せているのかもしれませんが、1学期の早い時期に載せられていました。

びっくりして、
「どしたん?作文上手くなったん?」
と聞いてみると、
「F君から、作文は思ってないこと書けばいいんよ。って教えてもらった。」
とのこと!

え?思ってないことを書く…?
なるほど、息子はちょっと感受性に乏しいところがあって、私が
「作文や感想文は、思ったことを書けばいいんよ。」
と言っても、息子は
「なんも思わんのじゃけぇ、書けんよ。」
と言って、お手上げ状態だったのですよ。
それが、「思ってないことを書く」方が息子にとっては、すこぶる簡単ってことらしいのです…。

学校の先生には、思ってないことを書くなんて、堂々と言えないけど、大人だって、大して思ってもないのに、いろいろな文章をあいさつのように書くではないか…。

担任の先生に作文が苦手だけど、どうすればいいか相談した時も
「感じる力をつけることですね…。」
と言われ、結局どうすれば良いかわからなくて悩んでいた日々が、バカバカしくなってきました。
何でも正攻法でいけばいい、というわけではないのかもしれませんね(^^)。

posted by イラストレーター&グラフィックデザイナー サトウカズミ at 16:37| Comment(0) | 日記

2018年10月02日

お尻のブツブツがすごいことに!

息子(中学1年生)が毛包炎になってしまいました。
最初は、お尻に1つ虫刺されのような湿疹が出来ていたのですが、それが、1、2週間もするとお尻全体に広がって、見るも無惨な状態に…。
かゆみも強く、掻き壊した爪の跡がカサブタになって、有刺鉄線のように見えます。

あわてて皮膚科にいきましたが、そこで処方された薬を塗ると、どんどんひどくなる一方。
膿んだ部分も出てきました。
何かおかしいと思い、別の皮膚科へ行って、毎日撮っていたお尻の写真を見せると、
「薬の副作用が出ています。」とのこと。
別の塗り薬と飲み薬を処方していただいくと、やっと快方に向かいました。

いろいろな病気があるものです。
みなさんもお気をつけください。
posted by イラストレーター&グラフィックデザイナー サトウカズミ at 13:54| Comment(0) | 日記