プチ名刺ロゴチラシデザイン店ロゴ ホームページデザイン店ロゴサイトを引っ越しました。https://www.whitemint.biz/
お手数ですが、こちらにブックマークの変更をお願い致します。

2011年11月17日

平和祈念公園でのライブ

シンガーソングライターの蓮沼ラビィさんのライブに、息子(5才)と一緒に行ってきました。

ラビィさんとは、アメーバのブログで知り合ったのですが、その後、名刺作成のご依頼をいただいたり、ブログにコメントしていただいたりしていました。

そんな文章のやり取りの中で、実際にお会いしたことはなかったのに、昔からの知り合いのような印象を受けて、どうしても会って音楽を聴きたいと思ったのです。

ライブの日は、8月6日、広島に原爆が投下された日。

場所は、広島の平和祈念公園。

私は、広島県出身で、広島に住んでいながらも、この8月6日という日に、平和祈念公園に訪れたのは初めてです。

そこには、灯ろうを流す人の長い列、たくさんの千羽鶴がありました。

原爆で亡くなったサダコの紙芝居も、ライブの前に見ました。

ライブでは、ラビィさんが、自分のために歌ってくださっているようで、ずっと、ドキドキ…。

生の音楽って、いいですね。

曲の途中で、ギターを叩きながら歌う場面があったのですが、

「あ〜、これだけで音楽になるってすごいな!生きてるって素晴らしいな!」

と思いました。

ラビィさんは、地声で声を出す歌い方なのですが、「本音を」「本気で」「正々堂々と」歌われているような気がして、胸を打たれました。

子供は、ライブの間、おもちゃや砂で遊んでいたので、興味がなかったのかと思いきや、

「今日、何が楽しかった?」

と聞くと

「電車と音楽聴いたこと。」

と答えました。

私が

「え〜!ライブの時、遊んでたじゃん!」

と言うと、

「遊びながらでも、ちゃんと耳は聴いとったんよ。」

と、強い口調で異議を唱えます。

音楽は見るものじゃなくて、聴くものだもんね。

でも、おもちゃ遊びのBGMに生音楽って、贅沢な5才ですね。


蓮沼ラビィさんのブログは、こちらです。

●蓮沼ラビィのブログ







posted by イラストレーター&グラフィックデザイナー サトウカズミ at 13:45| Comment(0) | 日記

2011年11月10日

親子で楽しむ広響コンサート

広島交響楽団の「親子で楽しむ広響コンサート」に、ママ友親子と一緒に行ってきました。

オーケストラの演奏が始まると、今この瞬間が素晴らしい時間となって、目の前に現れたような感じがして、感動しました。

生の音楽って本当にいいですね!

5才の息子と一緒だったので、途中で退屈するかな?と思っていましたが、そんな心配も、無用でした。

ただ、演奏を聴くだけではなく、デイズニーメドレーでは、知ってる曲は何曲あるかな?とクイズ形式になっていたり、子供も私も大好きな曲「夢をかなえてドラえもん」を一緒に歌ったりして、とても楽しかったです。

それから、シロウトの観客が指揮棒を振って、それに合わせてオーケストラが演奏する場面があり、見ている私もハラハラドキドキしました。

楽器紹介では、クラリネットの部品を下から一つずつはずして演奏する場面もありました。

楽器は、どんどんバラバラになって、小さくなっていくのに、演奏は、さまになっている様子が、「さすがプロだな〜。」と感心しました。

「クラリネットをこわしちゃった」っていう曲がありますが、ホントに壊して演奏しちゃうなんて、アイデアも面白いです。

このコンサートは、育児に熱心な育メン広島県知事、湯崎秀彦さんの取り組みのひとつで、私は、母子会(母子家庭)の行事として、無料でチケットをいただきました。

休日というと、子供中心に子供が楽しめることをしてしまい、子供の笑顔が自分の楽しみになります。

それはそれで、幸せだけれど、子供が泣いたりグズったりすれば、自分もブルーな気持ちになり、そのストレスをどこに持っていけばいいのか、わからなくなる時もしばしば。

子育てが大変でつまらなく感じていた日常を、生の音楽がこんなにも素晴らしく変えてくれるんだということに、驚きました。

私は、音楽は好きですが、クラシックはあまり聴きません。

「良いものは、ジャンルを超える」と、誰かが言っていたけれど、ジャンルを超えて、私の心を癒してくれたのです。

このコンサートに関わった方、教えてくださったママさん達に感謝!

2012年1月8日(日)には、「はつかいち文化ホールさくらぴあ」にて、「親子で楽しむ広響コンサート(指揮:藤野浩一、演奏:広島交響楽団)」がありますので、ご興味のある方は是非!

泣いてもぐずってもOK! 授乳・おむつ替えスペースありです。

【プログラム】

●星に願いを  L.ハーライン作曲
●バロック・ホーダウン  J.J.ペリー作曲
●踊る子猫  L.アンダーソン作曲
●ディズニー・メドレー  藤野浩一編曲

ドラえもんの楽器紹介&指揮者コーナー

●夢をかなえてドラえもん  黒須克彦作曲
●どんどん、ちっちゃく(インマー・クライナー)  A.シュライナー作曲
●行進曲「威風堂々」第1番  E.エルガー作曲

posted by イラストレーター&グラフィックデザイナー サトウカズミ at 11:33| Comment(0) | 日記

2011年01月07日

穴黒

アナログ私の父は、年のせいか(昭和19年生まれの66才)、言い間違いが多い。

先日も、地デジの話をしているときに「アナログ」のことを「アナグロ(穴黒)」「アナグロ」と何度も言うので、参った。

「カマンベールチーズ」のことは、「カモンベール」と言う。

あんまり、間違いを指摘するのも可哀想なので、1回「アナログだよ。」と訂正した後は、ほうっておくことにしている。


posted by イラストレーター&グラフィックデザイナー サトウカズミ at 15:14| 日記

2010年10月10日

4才君と6才君の夢

息子(4才)と、そのお友達、ゆう君(仮名、6才)と私の会話。

ゆう君:「(将来)何になりたい?」

息子:「野球選手にもなる。」

ゆう君:「にもなる? ひとつしか、なれんのんで。」

私:(やっぱり、ゆう君は6才だから、わかってるわ…。)

「ゆう君は、何になりたい?」

息子:「にがつくもの。」

私:(にがつく職業ってあったけ…?)

息子:「にと、んがつくもの。」

私:「にんじん。」

(あとは、妊婦ぐらいしか思いつかないな…。)


私:「(わかった!)忍者?」

息子:「うん(*^^*)」

4才の息子の方が、現実的でした…。
posted by イラストレーター&グラフィックデザイナー サトウカズミ at 09:00| 日記

2010年09月16日

中古車購入日記5

車イラスト三菱アイ店員さんに

「これでお願いします。」

と、三菱アイ購入意思を示してから、気がついた。

保証のことを聞くのをすっかり忘れていた!

スズキ アルトを見たC店でもらった見積もりには、「保証継承代」という項目があり、この「保証継承代」を払うと、新車の保証が継続されるらしいのだ。

私:「(アイの)保証継承はどうなるんでしょうか?」

店員さん:「今は、保証継承代を払わなくて大丈夫です。

故障があったときに、保証継承代を払えば、保証内でしたら無料で修理してくれます。

故障がない場合もありますので、今は、保証継承をしない方がお得ですよ。」

その言葉にトラブルの匂いがした。

だったら、どんな車も「保証継承」などしなければいいのだ。

そもそも「保証継承」って何?

車に詳しい友人たちに聞いてみたが、知っている人はいなかったので、ネットで調べると、こういうことらしい。

新車には、保証が3〜5年つく。

車を1番最初に買った人が、その保証が切れる前に売って、中古車として売り出される。

しかし、次に買った人は、その車がどんな状態で使われたものか、改造されたものかどうかもわからない。

メーカーとしては、むやみに改造された車を保証することができない。

「保証継承」とは、これからも保証を引き継ぐことができるかどうか、メーカーが調べ、「引き継げますよ」と認めることのようだ。

ネットでは、この「保証継承」をせずに中古車を購入してトラブルになったという悩み相談をしている人がいた。

故障修理に出したメーカーに、今さら保証継承はできないので、修理費全額払ってほしいと言われたそうだ。

故障したときに、「保証継承代」を払っても遅いというケースがあるということだ。

私が購入するアイの場合は、D店が見たところ、改造されたものではないから、後からでも「保証継承」できるということなのかもしれないが、「保証継承代」は、20,000円とそんなに高くないので、安心のため払っておくことにした。

三菱 アイ


イラスト日記-中古車購入編5-
posted by イラストレーター&グラフィックデザイナー サトウカズミ at 15:00| 日記